自分がAGAではないかということに気付いたのは、風呂上りに排水溝にべったりと抜け毛が張り付いているのを発見した時です。つまみ上げると30本くらいあり、それ以降気を付けていると毎回それくらいの抜け毛がついていました。驚いて鏡の中を見てみると、ちょうどこめかみのあたりの髪が薄くなって地肌が透けて見え始めていました。
「もしかしたら、これがAGAか」

と男性の薄毛をAGAということをTVのCMなどで見て知っていた知識が、自分の身に降りかかってきたということを知りました。
このままいったら、本当にAGAのせいでM字ハゲになってしまうと思い、恐れを抱き、なんとかしなければならないとネットなどを調べまくりました。
その結果、育毛剤は世の中にたくさんありますが、本当にAGAに効果があると正式の認定が出ているのは、世界に2種類しかないということを知りました。その一つがミノキシジルという成分で、日本ではリアップのみに配合されているということも確認しました。

それで、リアップを早速購入し毎朝毎晩つけ始めたところ、2週間もすると、驚いたことに排水溝の抜け毛がほとんどなくなりました。それで勇気づけられリアップを使い続けたところ、こめかみのところの透けていた地肌もあまり目立たなくなってきました。

まだまだAGAの症状は完全に消えていませんが、改善はしています。このままミノキシジル配合のリアップを使い続けようと思います。

AGAタイプの薄毛の場合、自己流であれこれ試すよりも専門のクリニックでAGA用の治療をしてもらうのが一番効果的だと思います。

もちろん自己流の方法でも効果がまったくないというわけではありません。
AGAに対して効果的な成分を使っている育毛剤などは効果的で、それだけで薄毛が改善したという人もいますし、AGAに対して効果的だという薬を個人輸入してそれを飲み続ける事で薄毛が改善したなんて人もいます。
ですが、その数は多くはありません。

何故かと言うと、育毛剤は使い方を間違えれば効果はありませんし、飲み薬などは必ずしもそれが本物であるとは限らないからです。
育毛剤は正しく使わないと案外効果がありません。
自分の薄毛の状態に合わせて適切に使うのは案外難しいものです。
飲み薬の方は本物もあるのですが、個人輸入では偽物をつかまされることも多いです。
もちろん偽物なので効果はありません。

こういったリスクを避けるために専門のクリニックが治療してもらうのが一番です。
専門のクリニックで薄毛治療してもらったからといって、必ず薄毛が治ると言う訳ではありませんが、可能性は高くなりますのでお勧めです。